新学術領域「ハイブリッド量子科学」
は開かれた研究領域を目指します

新学術領域研究「ハイブリッド量子科学」 平成27年度〜平成31年度

新学術領域「ハイブリッド量子科学」は開かれた研究領域を目指します。研究の発展には国内外の研究者との意見交換が不可欠であり、領域会議や海外研究者の招聘を通して多くの研究者と交流していきます。領域の研究を推進するために、それぞれの研究グループでは博士 研究員など一緒に研究するスタッフを募集します。関心がおありの方は個々の募集情報をご覧下さい。領域の発展には新しい風を引き起こす公募研究も不可欠です。公募時期は平成27年、平成29年の秋で、文部科学省より告知されます。研究期間は2年間で、 平成28年度からと30年度からの実施を予定しております。公募 研 究募集の詳細は公募研究のページをご覧下さい。

報道発表や領域レターを通して、研究成果や研究内容を広くオープンにしていく努力も進めます。このホームページは一番大切な皆さんとの窓口です。質問やコメントのある方は sgr.secre@ml.tohoku.ac.jp まで連絡して下さい。多くの方々からのご意見・ご助言をお待ちしています。

「ハイブリッド量子科学」新学術研究の研究ネットワーク

本新学術研究は、スピン・電荷、フォトン、 フォノンと理論の4つのテーマに分かれて研 究班を構成しています。それぞれの物理系の 特徴を生かしながら、ハイブリッド化により 個々の物理系では困難な量子性や新奇な現象 を作り出し、それらのQuantum Enabled Technologyへ応用を理論・実装の両面から探 求しています。
それぞれの研究班には全国から研究グループが参加し、協力的な研究ネットワークを構成しています。個々の班の詳細は「メンバー」をご覧下さい。MEMBERS

graph004

新学術領域「ハイブリッド量子科学」アドバイザリー・ボード

本新学術領域の学術的な発展と、社会への貢献を確かなものとするため、アドバイザリー・ボードを置き、運営や研究について適切なアドバイスを受ける機会を設置しています。
(アドバイザリーボード・メンバー advisory board members in people)