量子生物研究会

日時:10月24日(月)13:30-17:00
会場::国立情報学研究所・19階1902室

データサイエンス化が進むバイオロジーの世界で、Quantum Enable Technology は何を発見していくのだろうか。バイオロジーの視点から、新しい測定技術・制 御技術への期待を多角的に議論するとともに、生命現象に 潜む量子的な過程の 可能性を探ります。

13:40-15:00
横谷明徳
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門・東海量子ビーム応用研究センター
放射場生体分子科学研究プロジェクト リーダー
タイトル:生体の放射線ストレス応答と生体分子内の電荷輸送
アブストラクト

15:10-16:30
石崎章仁
分子科学研究所
教授
タイトル:Interplays between quantum effects and dynamic fluctuations in photosynthetic light harvesting
アブストラクト

16:30-17:00
ディスカッション

※講演時間には20分の質疑応答・ディスカンションを含みます。