量子ドットを用いたスピンと光子の相互変換を目指して

2016.4.1

理化学研究所 石橋 幸治

本研究グループでは電子の持つ電荷とスピンに着目し、これらと他の量子の変換にかかわる物理を明らかにし、様々なナノ材料においてその量子変換技術の開発を行っています。

分子吸着によるカーボンナノチューブのフォノンの変調

2016.3.1

東京理科大学 本間 芳和

東京理科大学 本間グループでは,単層カーボンナノチューブ(SWNT)の外表面への分子吸着や内部空間への分子内包がSWNTのフォノンの振動数に与える影響を,単一SWNTのラマン散乱分光/蛍光発光分光同時計測により評価しています.

標準量子限界を超える感度を持つ磁場センサの構築

2016.2.1

NTT物性科学基礎研究所 松崎 雄一郎

近年、電子スピン状態の重ね合わせや量子絡み合いによって、磁場センサの感度を向上させる研究が盛んに行われている。

カイラルフォトニック結晶を用いた円偏光輻射場制御と量子ドット発光制御

2016.1.1

東京大学 岩本 敏

光子-スピン間の高度量子インターフェースの実現には、円偏光状態の効率的生成技術や円偏光光子と物質の相互作用の制御技術の開拓が重要である。

乱層構造を有する多層グラフェンナノリボンの合成とその電気伝導特性

2015.12.1

大阪大学 小林 慶裕

大阪大学大学院工学研究科小林グループでは、電荷やスピンにかかわる量子情報を操作するプラットフォームとしてのカーボンナノチューブ/グラフェン/グラフェンナノリボン