ハイブリッド量子科学

ナノサイエンスと量子物理の新しいフロンティア

「物理量の量子的結合がどこまでできるか?そこから何が生まれるか?」をナノマイクロ量子システムをベースに研究し、量子トランスデユーサに向けて、その基礎物理を解明するとともに、Quantum Enabled Technology(量子性がもたらす新しい技術)の可能性を追究します。

ホットトピック

位相緩和の影響下で古典限界を超えた感度を実現する量子計測
April 4, 2018

2018.04.04

NTT物性科学基礎研究所 松崎 雄一郎

量子ビットを用いた磁場センサは、生物学や工学での応用が期待されています。古典的な磁場センサでは、磁場の推定誤差δBは積算時間Tに対してδB∝1/T0.5というスケール則に従います。

Continue reading
量子ポイントコンタクトにおける動的な核スピン分極
March 30, 2018

2018.03.30

茨城大 青野 友祐

電子スピンは磁場を用いてスピン偏極を容易に偏極できますが、核スピンでは容易ではありません。核スピン分極を引き起こす方法の一つとして、電子と核スピンの間のスピンフリップフロップを用いて、核スピンへの分極を実現する、動的核スピン分極(DNP)と呼ばれる方法があります。

Continue reading
光子-電子コヒーレント操作に向けたEr位相緩和時間の長寿命化
March 15, 2018

2018.03.15

NTT物性科学基礎研究所 俵 毅彦

エルビウム(Er)希土類元素の同位体純化により、167Er超微細構造準位間光学遷移の位相緩和時間T2の長寿命化に成功しました。

Continue reading