ハイブリッド量子科学

ナノサイエンスと量子物理の新しいフロンティア

「物理量の量子的結合がどこまでできるか?そこから何が生まれるか?」をナノマイクロ量子システムをベースに研究し、量子トランスデユーサに向けて、その基礎物理を解明するとともに、Quantum Enabled Technology(量子性がもたらす新しい技術)の可能性を追究します。

ホットトピック

最近の研究成果
October 9, 2019

2019. 10. 09

立命館大学 毛利真一郎

公募研究では、半導体の分極場(自発分極、圧電分極)を利用した原子層材料のバレー・スピン制御を目指して研究を進めております。

Continue reading
室温原子層堆積法を援用した高品質微小トンネル接合の形成装置の開発
June 18, 2019

2019.06.18

電気通信大学 島田 宏

従来微小トンネル接合は、主に二層レジストを用いた電子線リソグラフィと斜め蒸着法により形成されてきました。

Continue reading
メゾスコピック層状超伝導体における少数渦糸状態の検出と制御
May 10, 2019

2019.05.10

筑波大学 神田 晶申

第2種超伝導体では、磁場印加時に量子化磁束が超伝導体を貫く渦糸状態が出現します。

Continue reading