ハイブリッド量子科学

ナノサイエンスと量子物理の新しいフロンティア

「物理量の量子的結合がどこまでできるか?そこから何が生まれるか?」をナノマイクロ量子システムをベースに研究し、量子トランスデユーサに向けて、その基礎物理を解明するとともに、Quantum Enabled Technology(量子性がもたらす新しい技術)の可能性を追究します。

ホットトピック

長距離伝搬型表面プラズモンポラリトン導波路による プラズモニック量子ウォーク回路の試作
December 11, 2019

20191211

日本大学量子科学研究所 井上修一郎

 金属ナノ構造体と誘電体の界面に光を入射すると,界面に表面プラズモンポラリトン(SPP)が誘起されます.

Continue reading
サブサイクル中赤外パルスを用いた光波駆動STMの開発
November 25, 2019

2019.11.25

横浜国立大学 工学研究院  武田 淳

キャリアエンベロープ位相(CEP)を制御したテラヘルツ(THz)パルスと走査型トンネル顕微鏡との融合(THz-STM)は、光の回折限界を打破し、ナノ〜原子スケールで電子を高速操作することを可能にしました1,2)。

Continue reading
2量子ビットのハミルトニアン動力学系におけるロバスト動力学制御
November 13, 2019

2019.11.13

東京大学 村尾美緒

未知パラメータを含む2量子ビットのハミルトニアン動力学系に対して、一方の量子ビットのみの制御ハミルトニアンを付加することで任意の2量子ビットゲート演算を実装する、ロバスト動力学制御が可能であることを示しました。

Continue reading